月別アーカイブ: 2013年12月

偽装するホテルはもはや一流ではないですから「オールデン」なんて履いていく必要なし

ホテルのレストランのメニューにじゃらはじまった食材の偽装表示問題。その後、百貨店や高級料亭などにも広がって、ブランドへの信頼を傷つけて、各業界の認識の甘さが浮き彫りになりましたよね。

プロが食材を仕入れいて料理をしているのに、「間違い」とか「気づかなかった」なんて、誰もが信じているわけないのにね。

でも、それよりひどいことしているところがあったそうです。

ネットで見つけた情報ですが、大阪のある超一流ホテルの高層階にある「クラブラウンジ」は瀟洒なドレスやスーツに身を包んだ客たちが、特別な夜を楽しむスペースです。

給仕を担当していたホテル関係者の証言です。
「シャンパンのご注文ですが…」
「あちらには、スパークリングワインでいい」

とのやり取りが。「シャンパンの注文を受けても、客を見てスパークリングワインを出すよう、マネジャーから指示された。グラスに入れて持っていけば、どうせお客さんも分からないと…」。違いの分からなさそうな客を選び、ないがしろにするような悪質な行為が存在していたことを明かす証言です。
シャンパンは、フランス・シャンパーニュ地方でつくられたスパークリングワインを指し、同国の原産地呼称管理法の規定を満たしたものだけが「シャンパン」と称することができる。価格差は歴然で、同国産の一般的なスパークリングワインが1本千円程度なのに対し、シャンパンは数千~数十万円もするんですって。

もちろん客からはシャンパン代金を摂ってるんですよ!ほんと腹立たしいですよね。こんなところに「オールデン」のいい靴はいていく必要なんて全くないですね。もうこちらのホテルのブランドはもう崩れ始めていますね。