心理学は何に役立つのか

心理学は様々な種類がありますが、心理学を学んだり、研究したりすることによってどのような成果やメリットがあるのか調べてみました。
臨床心理士は、心に悩みを持った人の話を聞き、共感し、問題についてどのようにすれば、問題を解決できるのかなどを提案して、少しでも心の悩みを取り除いてあげることができます。
つぎに犯罪心理学では、なぜ犯罪を犯すのか、犯罪行為をする人の心理などを研究することで、犯罪者の異常行動や本性を知し、再犯防止や新たな犯罪の予防をすることができます。
また災害心理学と言うものもあり、災害に関しての心理的な反応や行動を研究します。
最近では地震で多くの人が亡くなっているので、少しの揺れでパニック起こしたり、津波の映像が流れるだけで、呼吸がしづらくなったりと言うような症状を、起こす人が多くいます。
災害が起こったときは、少しでも早くケアすることで、パニックやトラウマなどに対する成果が期待できます。
このように細かな分類に分け、研究することにより心理学は様々な場所で役立ち、人々の心の支えになっています。