弁護士事務所に勤める人の年収って

弁護士というとお給料が良いイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか。
弁護士事務所の年収について調べてみました。
初めに行っておくと、ピンキリです。
どんな分野の弁護士事務所なのかによっても、収入がかなり変わってきます。
それを踏まえたうえで、全体的な平均は1100万円程度みたいです。
1000万円を超えていますので、多いような気もしますが、ものすごくずば抜けているわけでもないですね。
大きな弁護士事務所は、最初から収入が良い傾向があります。
しかし実際には、メインの弁護士一人でやっている小さな事務所が多いです。
年収の推移ですが、弁護士になりたてといった20代そこそこの人は、それほど良くありません。
平均は500万円程度です。
あくまでも平均ですので、300万円とか400万円台で働いている人も多いです。
30代後半になると、いきなり年収がアップします。
経験値を積んだ働き盛りが一番稼げるということでしょう。
そして、50代以降また減ってきます。
普通の会社だと、年数が多いほど年収も高いような気がしますが、弁護士に関してはそうでもなさそうです。
一般的には高給な部類ですので、興味のある人は目指してみても良いかもしれません。